SARAの写真館(パピー編)

<1996.1.14>
サラが我が家にやって来た
ちょっとおどおどしていて部屋の隅にばかり行ってました。
臆病なのは今でもかわらないなぁ。
「出してよー」
トイレが上手に出来なくてついていられない時はよく入れられてたの。
パールと一緒。
でも大きさはこんなに違うよ。
よく人に「サラ」ではなく「サル」と呼ばれた。
このバナナ大好きなんだけど、まだ大き過ぎるみたいだね。
本当はパールが気に入っているクッションの上にて。
「ここの上って気持ちいいね。もう降りたくないよぉ。」
「パールごめんなさい。もうボールとらないから・・・許して。」
でもまた同じ事を繰り返す奴がいた。
同じの2つ揃えてあげてるんだからケンカしないで。
サラ「ガオーッ。たまにはパールに遊んでもらうんだぁ」
パール「何言ってんのよ。私に歯向かうなんて10万光年早いわよ。」
サラ「うー、やられた。」
この頃はいつもパールにじゃれ付いては邪魔者扱いされて押さえこまれてチャンチャンでした。
「どぉ。少しは大人っぽくなってきたでしょ?」